お気軽にお電話ください!
TEL:048-789-7359


〒338-0014
 埼玉県さいたま市中央区
 上峰4-1-9 高瀬ビル102
営業時間
月水金…10:00~12:00
    16:00~22:00
火 木…15:00~22:00
土曜日…15:00~20:00
日曜日…10:00~14:00
休館日…祝祭日、盆、正月
※その他、毎月不定期休館日あり

※閉館時間は営業時間終了
 10分後になります。
 予め時間に余裕を持って
 ご来館いただけますよう
 お願い申し上げます。



 ボクシングの練習は3分動いて1分休むというのを繰り返しておこないます。

 当ジムでは会員さんの意思を尊重し、それぞれの方のニーズに合った練習をおこなっております。
 代表的な練習法をいくつかご紹介させていただきますので、お好きなメニューをお選び下さい。



 ■ストレッチ:練習の前後には、怪我の予防,疲労回復の為にもストレッチをしましょう

 使用前の筋肉は硬くなっているので、そのままの状態から練習を始めるのは大変危険です。
 硬くなった筋肉が関節に負担をかけてしまい、腰痛や膝痛を引き起こす原因になります。 
 練習を始める前には必ずストレッチをして、よ~く筋肉を伸ばしておきましょう。
 また筋肉は、使用した後も疲労で硬くなってしまいます。その為、練習の後にもストレッチが必要です。

 当ジムでは
練習前後のストレッチを強く推奨しています!


ストレッチは個人差はあっても、やれば必ず結果のついてくるものです。
他人との比較ではなく、自分自身の可動域が少しでも広がれば、
怪我の防止と、体の伸びなどパフォーマンスの向上にも繋がります。
私も20代前半の頃はあまりストレッチに力を入れておらず、疲労が溜まると
必ず腰痛を起こして練習を休んでいました。20代後半に入ってから、これでは駄目だと気付き、ストレッチ(特に股関節周りと肩甲骨周り)を取り入れたところ、それ以降は酷い腰痛に襲われる事が無くなったのです。
そしてその分、練習もコンスタントにこなせるようになりました。

スポーツを志す者にとって、ストレッチはとても大事。
現役時代、私が身を持って学んだ重要な教訓のひとつです。



 ■シャドーボクシング:基本中の基本、フォームやイメージを作る練習

 シャドーは大別すると【鏡を確認しながらフォームのチェックをするシャドー】と、
 鏡を使わない
【頭で相手をイメージし、動きながら攻撃、防御を取り入れながらのシャドー】の2つに
 分けられます。 両方のシャドーを数ラウンド掛けて丁寧にこなしましょう。

 やり方やフォームなどは、もちろん丁寧に指導させていただきます!


 シャドーを覚えれば、いつでもどこでもボクシングの練習ができるようになります。
 基本中の基本になりますので、しっかりとしたシャドーボクシングを身につけて下さい。




 ■サンドバッグ:シャドーで作ったフォームやイメージを、実際に叩きながら確かめましょう


 基本を覚えたら、実際にサンドバックを叩いてみましょう。 叩き方のレクチャーも致します。
 できるようになったらバンバン打って下さい。 連続して叩く事で、体力作りにも繋がります。




 ■ミット打ち:トレーナーがミットを持ちながら動く事で、実戦に近い形での練習が可能です


 身体の使い方は、基本的にワンツーをしっかり打てるようになれば、すべての動きに応用できます。
 どんな方でも、ある程度ワンツーを練習した後にミットを持つと、大体カタチになるものです。

 打つ『対象(的)』がある事で、イメージとして捉えやすいというのもあると思います。


 大変効果的な練習になりますので、どんどんミット打ちをやっていきましょう。



 ■パンチングボール:リズム感やハンドスピード、インナーの筋肉などが鍛えられます


 一見カンタンそうに見えるパンチングボールですが、意外に打つのは難しいのです・・・・。
 ちゃんと打つのは経験者でなければできませんが、やり方やコツは指導させていただきます。


 基本ができるようになったら、是非挑戦してもらいたい練習法です。


パンチングボールは、ボクシングに大切なリズム感やスピードを養えます。
サンドバッグやミットは、打つ時にリキんでしまいがちで、またリキんでも
パンチが当たりますが、パンチングボールは力を抜いてスピード回転で打たないと当たりません。
ボクシングの動きは『肩甲骨』を上手く使う事が重要なポイントなのですが、
パンチングボールは肩甲骨を使えないと上手く打てないのです。

まさに、リズム,タイミング,スピード。
現役時代、自分は大好きな練習でした。



 ■マスボクシング:実際に相手と向き合う実戦練習


 マスボクシングでは、相手に思い切りパンチを当てることは禁止です。
 
【相手にパンチを当てるけど、思い切りは当てないマス(プロテクターは必ず付けます)】と、
 
【実際にパンチは当てずに、脚の入り方やタイミングを意識する『寸止め』のようなマス】
 2種類があります。



 ※スパーリングをおこなう事も可能ですが、
  当ジムでは本人の意思とトレーナーの許可がなければスパーリングは基本的におこないません。


 初級・入門レベルを脱してみたい…という志のある方は、是非とも挑戦してみて下さい!




 ■ロープ:心肺機能、リズム感、足腰が鍛えられます


 いわゆる『縄跳び』ですが、ボクシングの練習では『ロープ』と言います。
 2~3ラウンドくらいを目安に、しっかり跳びましょう。

 普通に跳んだり、片足ずつで跳んだり・・・・、特に特別な動きは入れなくても構いません。
 跳び方のイメージが掴めない方には指導をさせていただきますので、ご安心下さい。




〒330-0855 埼玉県さいたま市中央区上峰4-1-9 高瀬ビル102
電話番号:048-789-7359
★メールでもお問い合わせを承っております★
honmou@chime.ocn.ne.jp
ご返信させていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

Copyright © 2013-2017 HONMOU BOXING GYM All Rights Reserved.